株式会社 東京出版サービス
株式会社 東京出版サービス

よく聞かれる質問

よくご質問いただく項目をまとめました。


● 販促代行業務に関して
 訪問書店や頻度などは相談できますか?
「ご契約形式によりますが、一社専任の場合は綿密なスケジュール打ち合わせを行いますので、いかなるご要望にも応えられます。
 残念ながら数社兼任タイプの場合は、基本的に当社の販促規定での範疇となります」

 受注は欲しいですが返品されては困ります。実売の向上はできるのですか?
「当社は“補充業務”も行いますが、しっかりとした書店担当者との人間関係の上、実売力を把握をした上で売り伸ばしの為の受注をしております。定期的に出版社様へは受注報告だけではなく実売向上の実態報告をしていますのでご安心下さい」

 店頭で使用する拡材などは準備できるのですか?
「当社は長年の書店販促の中で“拡材ノウハウ”にも長けております。形状やデザインなど実売効果を高める拡材作成が可能です。尚、現在のキャンペーンを活用して頂ければ先着で特別拡材の作成と設置販促を実施しております。是非一度ご活用下さい」

 書店への販促形態として訪問販促以外はできないのですか?
「当社は主要書店へは原則として訪問販促を重視しておりますが、クライアント様のご希望により遠方地などはFAXやテレマーケティングの販促も実施しております。訪問+FAX+テレマという重複販促により市場で売り逃すリスクが軽減できます。

 毎月の定期的訪問販促はしたいのですが、刊行点数が定期的にそれほどありません。隔月や不規則なタイミングでの書店販促はできますか?
「可能です。ただし契約上はスポット契約ではなく1年間のご契約形式になります。尚、対価のお支払時期については要ご相談となります」

 コストはどのように決まるのですか?
「基本的に月額固定金額でのご契約になります。受注数などの歩合的要素が無い分、過剰な返品を起こす事はございません。その為にご契約前に業務レベルの想定が必要ですので、販促書店数、販促頻度、稼働アイテム数、販促重視点など業務内容の細かなご相談をお願いしております。

● 受注センター業務に関して
 電話対応や業務マニュアルはきちんとした物があるのですか?
「長年のノウハウから当社では各種マニュアルは取り揃えております。ただしクライアント様のご希望に従って随時変更は可能です。ご安心下さい」

 出向タイプの場合の労務管理や責任はどうなるのですか?
「ご契約はあくまでも業務契約になりますので、一切の責任は当社となります。クライアント様が煩う事はいっさいございません。」

 TSSの業務委託契約タイプの利用と一般的な派遣利用ではどう違うのですか?
「当社の場合、業務委託契約になるので一切の人事責任をクライアント様に負担をかける事がございません。また一般的な派遣利用のように数年で勤務部署を変更するなど業務に精通した人員を移動させるリスクが無いのが特徴です。」

 コストはどのように決まるのですか?
「導入コストの指針としては、基本的に月額固定金額でのご契約となります。
その為にご契約前に業務レベルの想定が必要ですので、稼働アイテム数・一日の電話件数、FAX件数など業務内容の細かなご相談をお願いしております。
 人件費概略としてはクライアント様が社員を登用するよりリーズナブルな価格設定になっております」

● 通販業務に関して
 一般のお客様との対応になる際に個人情報など安全管理はされているのですか?
「当社は個人情報の管理には厳格なルールを設けて、実行しています。社内各人の情報管理意識を徹底するとともにモラルの向上に努めており、事故の起こらない態勢を構築できています。システム監査及び社内倫理教育も定期的に行って、厳しく管理しておりますのでご安心下さい」

 業務内で発生するお客様との決済時キャッシュフローはどうするのですか?
「タイプは大きく2つございます。単純な事務業務請負型と代理店請負型があります。事務業務型は業務量によって月額固定費ですので最終的なフロー判断はクライアント様の社員様となります。また代理店型は代理店契約を結びますので全てのフロー責任は当社となります。」

 ネット通販の場合、HPのメンテナンス等の運営面も対応していますか?
「ネット通販の運営も可能です。クライアント様のご都合に合わせてご相談下さい。」

 通販の顧客に対してDMを発送したいですが、行っていますか?
「弊社ではDM発送業務も可能です。スケジューリング、リスト作成、発送作業等、DM発送に必要な業務を行っております。」

 受注だけでなく、販売促進も行うコールセンター的な業務も出来ますか?
「コールセンター業務も可能です。販売だけでなく、クライアント様にとって売上増進に効果的なデータ、レスポンスも提示致します。」

 海外発送の場合、対象は邦人ですか、外国人向けですか?
「海外在住の邦人を対象にしています。日本語の本が手に入りにくい方々へ適格なサービスを行います。」

 海外発送は地域は限られますか?
「海外発送は原則、世界各国に対応しております。」

● 各種サービス業務に関して
 著者サイン会や講演会、地方での商談会など、手間と人員が必要な業務ヘルプなどは可能ですか?
「長年の経験の基、各種業務に習熟したスタッフ人員が当社には在籍しております。時期によって集中する事がございますのでお早目のご相談を頂ければ幸いです」

● その他に関して
 書店以外の販路に対しての業務は可能ですか?
「主なクライアント様である出版社様がなかなか書店以外の販路に積極的に力を入れられない事情はよくわかります。当社ではクライアント様の意向にそった販路アプローチが可能です。是非一度ご相談を・・・・・

 書店へのDMなどは送れますか?
「業務可能です。クライアント様はデータ送信だけをして頂ければDM作成・発送・回収などを実施し、集約結果等をご報告できます。また発送リストについても長年のノウハウから各クライアント様が満足できる規模・選定・更新などさまざまなご提案をする事も可能です。


(C)株式会社 東京出版サービス